温かいガスファンヒーターと燃料費の関係

ガスファンヒーターは暖房器具として必ず選択肢の一つに入ります。最近はエアコンの暖房も進化していますが、ガスファンヒーターは、何といっても「部屋がすぐに暖かくなる」というのが頼もしいところです。エアコンだとスイッチを入れてからしばらくは風が出ず、出てきても風の温度はそれほど高くありませんが、ガスファンヒーターの場合、スイッチを入れればすぐに熱風が出てきます。またガスファンヒーターは通常床上に設置するので身体が足元から温まります。これもエアコン暖房にはない特長です。そして隠れた特長として、ガスを燃やす際に水分が出るので部屋の湿度が下がりにくいということがあり、加湿器がなくても快適に過ごせます。そんなガスファンヒーターですが、燃料費はどうなのでしょうか?ここではエアコンの暖房と光熱費を比較し、上手な使い分け方法をご紹介します。

ガスファンヒーターとエアコン、光熱費が安いのは?

まずは単刀直入に、ガスファンヒーターとエアコンの暖房、どちらが光熱費は安いのでしょうか?比較したところ、一般的にはエアコンの暖房のほうが光熱費は安く済みます。エアコンの暖房はヒートポンプを使用しており、熱を発生させるのではなく移動させるため、室外の気温が一定以上なら圧倒的に省エネになります。「エコキュート」などの最新型エコ給湯器と同じ仕組みです。最近のエアコンは特にヒートポンプの効率が高く、単に燃料を燃やして熱を得るガスファンヒーターと比較すると、必然的にエアコン暖房に軍配が上がります。ただ、ヒートポンプを使う関係上、エアコンの暖房は外気温が一定以下になると効率が著しく下がりますし、室外機の凍結を防止するために部屋の暖房を一時止めて室外機を温めるようなことも起きてきますので、毎年積雪するような地域では少し事情が違ってきます。

エアコンとの上手な使い分け方法とは?

これをふまえて、ガスファンヒーターとエアコンの暖房を上手に使い分ける方法を考えてみましょう。冒頭にも述べましたが、ガスファンヒーターの特長は「早く暖まること」です。ですから、寒い部屋を暖める際には、まずはエアコンとガスファンヒーターを両方使い、一気に暖めます。温度が落ち着いたところでガスファンヒーターはスイッチオフし、エアコンで室温を維持します。最近のエアコンは「つけっぱなしで室温を一定に維持する」という運転で特に省エネ力を発揮しますから、トータルでの光熱費減を達成しつつ、エアコンにない素早さも得ることができます。特に冬の朝などには効果的です。ただ、朝6時に起きるが8時までには全員が出かけてしまうといった使い方なら、ガスファンヒーターだけに絞ってもいいでしょう。エアコン暖房は部屋が暖まるまで相当な電気を食いますから、朝、忙しいときにブレーカーが落ちないとも限りません。「短時間はガス、長時間はエアコン」と覚えてください。