ガスファンヒーターの性能と効果について

寒くなってくると、部屋の暖房のことを考えなければなりませんね。毎年、どの暖房器具を使えば効率的に部屋が温まるか、暖房費を節約できるか頭を悩ませている人も多いでしょう。暖房器具には、エアコン、石油ストーブやファンヒーター、こたつ、ガスファンヒーターなど多種多様なものがあり、それぞれに性能に特徴があるので、それを知ってうまく使い分けるのが効果的です。ガスファンヒーターは、この中ではあまりメジャーなものではないと感じるかもしれませんが、その性能にはメリットがたくさんあり、また冬場に嬉しい効果もあるので、選択肢の一つとして考えるのも良いでしょう。では、ガスファンヒーターにはどういった性能があって、何の効果が得られるのか、これから説明をしていきます。

何といっても部屋がすぐ暖まること

ガスファンヒーターは、点火のスピードが速く、すぐに部屋を暖めることができるのが最大のメリットです。さらに、効率よく暖められた空気が部屋全体に広がり、すみずみまで暖められます。冬の朝はただでさえ布団からなかなか出られないですよね。そんな時、部屋がすぐに暖まれば朝起きるのも苦労しなくなるのではないでしょうか。また、石油ファンヒーターだとにおいも気になるところですが、ガスファンヒーターにはそれがありません。加えて、ガス栓にコードをつなぐだけなので、面倒な燃料補給をしなくて済むのも良い点です。暖めすぎを防ぐ省エネ運転機能がついたものであれば、経済的に使用できます。さらに、シーズンが終わり片づけるときにも、石油ファンヒーターだと残りの灯油を抜くという手間がありますが、ガスファンヒーターであればフィルターや温風の吹き出し口にたまったほこりを掃除機で吸い取れば良いので簡単に終わります。これらのことから、ガスファンヒーターは非常に使い勝手が良い暖房器具だということが分かりますね。

加湿効果があるので空気の乾燥の心配がない

実は、ガスファンヒーターは使うだけで加湿効果を得ることができるのです。なぜなら、天然ガスが燃焼するときに加湿器と同じくらいの水分が発生するからです。冬は空気が乾燥するので、それによってお肌の調子が悪くなったり、風邪やインフルエンザが猛威を振るったりするわけですが、加湿器を使わなくてもこの暖房器具を使用するだけで部屋が加湿できるなら大きなメリットですよね。リビングが広く、エアコンと一緒に使っているというご家庭では、エアコン使用により乾燥した空気がガスファンヒーターで加湿できるので、エアコンとの相性も良いと言えるでしょう。1つの暖房器具だけしか使用しないというご家庭は少なく、多くのご家庭では複数の暖房器具を組み合わせて使っていることでしょう。面倒な手間が少なく、嬉しい性能が多いガスファンヒーターも活用してみてはいかがでしょうか。