ガスファンヒーターのメリットデメリット

ガスファンヒーターのメリットは、電源を入れてから直ぐに温風が出始め、短時間で部屋全体が温まることです。また、ガスは燃焼効率が高いので、ファンヒーターの運用コストが低いことも、メリットの一つと考えられます。一方のデメリットは、ガスの燃焼によって臭いが発生したり、ファンヒーターの使用時に、定期的な換気が必要となる点です。ガスの供給は、燃料を必要とするファンヒーターには不可欠なので、設置場所が限られるのも、デメリットと考えられるポイントです。冬の冷え込む季節は、少なくても一家に一台、何らかの暖房器具が必要となるでしょう。ガスファンヒーター利用におけるメリット、そしてデメリットの双方を知ることで、暖房器具として採用するか、検討に役立つヒントが分かります。

ガスを燃焼するファンヒーターのメリット

熱エネルギーを得る為には、燃料を消費する必要があり、ファンヒーターならガスや、灯油を燃料とすることが一般的です。ガスを始めとするファンヒーターは、電気よりも生み出せる熱量が大きいので、費用対効果の点が優れています。同じ熱量を電気で生み出そうとすると、一台の暖房器具では足りず、コンセントの容量が不足する可能性があります。仮に複数台の暖房器具で、同量の熱エネルギーが生み出せても、効率が悪く燃料費には大きな差が生じるでしょう。ガスを燃やすファンヒーターは、他の燃料よりも低コスト、かつ現実的な運用費で済む点が魅力です。しかも、燃料の燃焼で速やかに熱が発生したり、ファンヒーターで暖かい空気が送り出されるので、ガスの暖房器具には実用性の高さも備わります。液体の灯油とは異なり、持ち運びが難しい気体なので、常時供給の必要性に応じ設置場所は固定されますが、頻繁に燃料を補充する必要がないのは利点です。

デメリットを知ることで特徴が分かるガスファンヒーター

素早く温風が生み出され、短時間で温かくなる暖房器具でも、一方には少なからずデメリットが存在します。燃料を燃やすタイプの暖房器具は、温風と共に燃料の燃え残りが発生するので、それが有害物質となって空気中を漂います。短時間の使用であれば、換気を行わなくても、国が定める安全基準値に収まりますが、長時間の使用では超える恐れが生じます。ガスファンヒーターを使用する際は、換気扇との併用が鉄則で、常時換気が難しくても、定期的に窓開けを行うことが必要です。もう一つのデメリットは、燃料にプロパンを使う場合で、ガスファンヒーターのメリットが薄くなるでしょう。プロパンは、都市ガスに比べるとコストが高く、ファンヒーターの選択価値を下げる原因となります。住宅に供給される種類が、後者の場合は発生しないデメリットなので、これらの条件を知ることで、ガスファンヒーターの特徴に対する理解が深まります。

京葉ガスショールームの営業はAM10:00からPM18:00まで 安全快適なガス利用を提供致します。ガスの安全な利用方法の提示やお客様サポートを ご家庭でガス暖房機をお使いのお客様!ガスファンヒーターやストーブを使っているだけでガスの利用料金をお得にできるメニューがございます! エネファームやエコウィルを使おうと思っているあなたへ!京葉ガスだけのお得な料金メニューがございます ガスファンヒーターで快適な住まいへ!